四国路

eosgallery.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 12日

異質な人間を排除する。

自分とは違う、何か異なるものを持っている人間というのは、容易に排除の対象になる。

村八分という言葉がある日本だけに特別なことではない。まわりを見渡せば、そんな事いくらでも転がっている。

生まれが異なることによる排除、言葉が異なることによる排除、病を抱えていることによる排除、見た目の差による排除、能力の差による排除、持っているものの差による排除。

どれも身近にある。

日常のあらゆる場面で、あらゆる排除を目の当たりにし、そしてなんとか自分は排除する側にまわろうとする。

しかし何か条件が変わると、容易に排除される側にまわされる。

その繰り返し。

なぜ、こういう不毛な行為を繰り返すのか。

自分とは何か、ということを知らない、考えたことがない、ということにある。

自分という存在をどれだけ分かっているのか?

自分自身という存在は、自分にとってもっとも身近な存在。

人はあまりに身近なものに対しては、注意を向けなくなる。

当たり前にあるものとして捉えるようになる。

「当たり前」その本来の意味を理解することなく、ただそうあることが普通なんだと考えるようになるということ。

そのあまりに概念的な「普通」という枠からはみ出す異質な事象は、自分の存在に対する理解を脅かし始める。

「そうあることが普通だと思っていたこと!違う。それが普通だと思っていた自分とは何?」

これは、人間がもっとも知りたくないもの。

自分とは何か、という問いへの免疫が少なければ少ないほど、異質なものへの排除欲は高まる。

異質な人間を排除したがる理由は、自分というものを知ることができないことに対する身代わり。

精神的な自立もままならない子どもたちが、容易にイジメに走ってしまうのも、体だけ大きくなった大人の世界でイジメが増え続けるのも、すべては自己への洞察がなさすぎるがゆえ。

この排除の構造に付いて、一つ言えることがある。

排除される人間は、排除する側の人間によって作り出される、ということ。

排除される側に追い込まれた人間は、自分がそうなりたくてなったのではない。

たまたま、そうであっただけ。



# by setsuna-0520 | 2018-04-12 18:13
2017年 12月 23日

a0100503_19553786.jpg

なんか、ほおっておいても、いつかばれるもの。

自分のついた嘘がばれてないと思っているのなら、それは周りの人間の大人な対応が上手いか、ただ優しいだけ。

嘘がばれたと気付いたらどうする??

新たな話題、嘘で人の目をそっちに向ける。

嘘がばれる基になる人間が居れば、自分の周りから排除する。

嘘を言う人間は、嘘の世界の中でしか生きれない。

死ぬまで嘘を言い続ける。

こんな人間をほったらかしにする周りの人間にも問題が。

「長い物には巻かれろ」ですかね。

都合の悪い者を排除しようとする「臭い物に蓋をする」こんなところでしょう。

お前が消えろ。

# by setsuna-0520 | 2017-12-23 20:08
2017年 10月 15日

人を批判したがる人間の心理、本音とは?

a0100503_13393553.jpg

自分をよく見せたいと思っている。

人を見下す事により 自分がその人より上位に立ったような気持ちが生じる。


悪口を言う、ケチ、馬鹿とか言っている奴は、良く見ると自分自身の事を言っている。

競争原理の世の中で は常に順位を意識して生きている(学歴、容姿、金持ち、貧乏、性格、恋愛、環境等)

悪口という構造を考える上で大切なこと、悪口を聞く人の存在。悪口は言う人だけでは成立しない。悪口が悪口として成立するためには、聞く人の存在が必要になる。

悪口を言う人の存在ばかりクローズアップされるが、人の悪口を率先して聞いている人の存在も無視できない。

満足していない自分の現状を、どうしても打破できない(収入が少ない、金がない)


こんな人間、消えれば。

# by setsuna-0520 | 2017-10-15 14:07